わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

OJOGIWA/藤崎 翔【レビュー】

★★★★

終盤で思わず「ヒエ~ッ」となるブラックユーモア満載のエンタメ小説。

ネット掲示板で知り合い、練炭による自殺を画策する『オーバー・粗大ゴミ・化け猫・失敗作』のハンドルネームで呼び合う4人の男女。

車内で炭に火が点けられた時、銃撃事件を目撃してしまい、被害者の側に大量の札束が転がっているのを見た瞬間、邪な気持ちが芽生えた4人は自殺を留まる事に。

その後、それぞれのエピソードが語られるが、軽快なテンポとドキドキな展開で先が気になり一気読み。

想像していた上を行くどんでん返しと伏線回収に痛快な面白さと同時に恐怖も感じた。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)