わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

恋愛禁止/長江 俊和【レビュー】

★★★

冒頭から不穏なミステリーを予感させる新聞記事の描写で始まる。

主人公はどこにでもいそうな平凡な女性・木村瑞帆。
精神的に支配されていた男を殺した瑞帆だったが、その犯罪は遺体もろとも忽然と消失してしまう。

誰が何故何の為に。

導入部分は面白かったのだが、何の捻りもないまま明らかになる真相と単調な展開に物足りなさを感じる。

昔の大映ドラマか昼メロの様なベタな雰囲気でリーダビリティはあるけれど、凝ったミステリーを期待して読むと肩すかしを食らうかも。

グロテスクな描写はないが狂った愛を正当化するストーカーに恐怖を感じた1冊。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)