わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

指先の戦慄/新津 きよみ【レビュー】

★★★

「無視する女」「左手の記憶」「尽くす女」「歯と指」「返す女」

「結ぶ女」「頼まれた男」「緊急連絡網」「捕らえられた声」「戻って来る女」

の10の短篇が収録された恐怖小説集です。

既に他の単行本に収録されていて読んでしまった短篇も多くあり物足りなかったのですが、初めて読まれる方には新鮮な恐怖を味わえる作品集になっていると思います。

著者得意の日常から探し出したテーマに非日常的な事態が訪れた時の人間の心の動きがリアルに描かれていて、面白かったです。

暑い日にこの作品集を読むと涼しくなるかも知れません。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)