わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

それでも空は青い/荻原 浩【レビュー】

★★★★

「スピードキング」「妖精たちの時間」「あなたによく似た機械」「僕と彼女と牛男のレシピ」
「君を守るために、」「ダブルトラブルギャンブル」「人生はパイナップル」7話収録の短編集。

本作も、荻原さんらしい温かさと優しさ溢れる作品集でした。

印象に残ったのは、同窓会での出来事を描いた「妖精たちの時間」
高校を卒業して20年が経ち、それぞれの今の人生がリアルに描かれている。

大人になった今だからこそ素直に言えるって事あるよね。

SF要素を盛り込んだ夫婦の物語「あなたによく似た機械」は切ない気持ちになったが、そこには愛を感じた。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)