わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

おいしくて泣くとき/森沢 明夫【レビュー】

★★★★★

最近良くテーマになる貧困と虐待だが、本作では森沢さんの温かく柔らかな文体で優しい作品に仕上がっている。

「偽善」と言われても貧困家庭の子供達に無料で食事を提供し続ける『大衆食堂かざま』
そして『カフェレストラン・ミナミ』とのリンク。

いじめや虐待をする者達に怒りを覚えるが、それ以上に心根が優しく芯が通った人達の行動に感動し目頭が熱くなる。

母が桜の木に託した願い、父の志、ラストは様々な想いが過り涙で文字が滲んだ。

奇跡の様な物語だけど、この人達には必然だったと思える。

優しさの連鎖を感じ、幸せな余韻がいつまでも続く。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)