わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

マジカルグランマ/柚木 麻子【レビュー】

★★★

「正子、おおいに嫌われる」「正子、ものを売る」「正子、またセクハラされる「正子、お化けになる」「正子、虹の彼方へ」
5話収録の連作短編集。

柚木作品にしては珍しい74歳の女性が主人公。

映画監督である夫とは家庭内別居、その夫が死後数日経って発見されても、正子に至っては「いいことが重なる」って事になる。

そう、この正子さん、優しく穏やかなグランマなんかじゃない。

まず自分!

思い出の品々をお金の為にメルカリに出品したり、屋敷をお化け屋敷にしちゃったり、バイタリティに満ち満ちている。

自己中なんだけど、なんとも憎めない正子さんの老境コメディ。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)