わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

流浪の月/凪良 ゆう【レビュー】

★★★★★

自分の拙い文章で言い表す事が出来ないくらい心に響いた。

本を読んでいると、ごく稀に胸中の琴線に触れ、心の深い部分まで沁み込んで来る作品に出逢う事があるが久々にその感覚を味わえた。

『事実と真実の間には、月と地球ほどの隔たりがある。その距離を言葉で埋められる気がしない』

悲しい事に憶測や偏見で人を判断する人間は、そこら中に存在する。

昔から道聴塗説を鵜呑みにする人が苦手だ。

言葉にした事だけが真実とも限らない。

文と更紗、二人の生き方が不器用でもどかしく胸が締め付けられる。

本当に本当の事なんて本人にしかわからないのに。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)