わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

まよなかの青空/谷 瑞恵【レビュー】

★★★

素敵な表紙にときめいて、爽やかな青春物語だと思っていたら、とんでもなく重苦しい内容だった。

登場人物達がみんな負の感情を背負っている。
特に主人公、ひかるの母親は強烈だ。

我が子を自分の所有物としか見られず、過剰な執着と束縛。

そして暴力を振るう父親を持つ達郎。

特別列車『あおぞら号』の中で「会うといいことがある」と言うソラさんの存在、そんなファンタジー要素もあるのだが、毒と悪意が多過ぎて霞んでしまった。

登場人物がごっちゃになりやすく、話も飛ぶので少し解りづらい所も。

ひかると達郎の未来には幸せが待っていますように!




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)