わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

虎を追う/櫛木 理宇【レビュー】

★★★★★

終始、息苦しく、胸のざわつきを抑えられないまま、貪る様に一気読み。

30年前に起きた『北蓑辺郡連続幼女殺人事件』

犯人は逮捕され死刑判決まで下っていたが、判決に疑問を抱いていた元栃木県警捜査一課、星野誠司は孫である大学生の旭とその友人・哲と共に真相解明に繰り出す。

『虎』を名乗る真犯人の正体と冤罪の真相が知りたくて、私も『虎』を追い続けた。

実際に起きた宮崎勤事件やオウムなどの単語も出て来る事で、嫌でもあの時の凄惨な状況が浮かび、物語をリアルな物にしていた。

犯罪者の心理、承認欲求などの描写も秀逸。

櫛木作品の集大成。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)