わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

魔法がとけたあとも/奥田 亜希子【レビュー】

★★★★★

「理想のいれもの」「花入りのアンバー」「君の線、僕の点」「彼方のアイドル」「キャッチボール・アット・リバーサイド」
5話収録。

最近注目している奥田 亜希子さん、本作も粒ぞろいの短編集。

妊娠による身体の変化に戸惑い、気持ちが荒む女性

恋人と別れたあげく、胸部X線の要再検査の通知に怯える女性

コンプレックスである鼻のつけ根にある大きなホクロに悩み続ける青年

思春期の息子の髭や反抗期に狼狽える母親

妻のDVに悩む夫など、身近に感じられる登場人物達の揺れ動く心理描写が秀逸。

悩み、もがいた後の未来には光が感じられた。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)