わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

父と私の桜尾通り商店街/今村 夏子【レビュー】

★★★

今村夏子さん初読み。

「白いセーター」「ルルちゃん」「ひょうたんの精」「せとのママの誕生日」「モグラハウスの扉 」「父と私の桜尾通り商店街」
6話収録。

終始モヤッとした空気感。

自分の許容範囲からはみ出している登場人物達の行動が嫌なのに目が離せない。

弟のフィアンセに、我が子4人の面倒を当然の様に押し付ける義姉にイラっとし、外と家での姿が別人とも思える主婦の豹変ぶりに驚愕したり、ライバルのパン屋の女性にひたすらコッペパンを勧める女性に病的な物を感じたり、ある種ホラーの様な怖さを感じた。

好きじゃないけど癖になりそう。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)