わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

そこにはいない男たちについて/井上 荒野【レビュー】

★★★

共に暮らしながらも、そこに夫の存在を感じる事が出来ないまり。

愛する夫を喪っても、そここに夫の存在を感じる実日子。

一体どちらが孤独で不幸せなのだろう。

実日子が営む美味しい料理教室を舞台に、二人の女性の心の揺らぎが繊細かつリアルに描かれていて惹き込まれる。

特にまりとその夫である光一の気持ちのすれ違いや、素直になりたいのになれない感情、どこへも持って行きようがない、どこへ進んで行けば良いのか分からない細やかな心理描写は秀逸。

誰もが皆、幸せになりたいだけなのに。

夫婦の在り方を通して、人間の孤独さが深く身に沁みる。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)