わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

ソナチネ/小池 真理子【レビュー】

★★★★

一番好きな作家 小池真理子さんの短編集です。

「鍵」「木陰の家」「終の伴侶」「ソナチネ」「千年萬年」「交感」「美代や」

これらの短編7編が収録されています。

小池さんの最近の作品は初期の頃のスリルで胸がドキドキする様な内容ではありませんが1編1編言葉を取りこぼしたくない様な味わい深い丁寧な作品になっています。

読み始めた途端、自分のいる日常を忘れ、小池さん独特の世界へ入り込んでしまった様な錯覚に陥ります。

決して派手な作品集ではないけれど一人ゆっくり物語をあじわえる素敵な本に仕上がっています。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)