わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

平凡/角田 光代【レビュー】

★★★★

もし、あの人と結婚していなければ。
別れていなければ。
仕事を続けていれば。

誰しも一度は考えた事があると思われる「もしあの時違う道を選んでいたら」を描いた作品集です。

「もうひとつ」「月が笑う」「こともなし」「いつかの一歩」「平凡」「どこかべつのところで」
の6つの短編が収録されています。

決して派手な作品集ではありませんがどの短編も丁寧に描かれていて感情移入しながら読み進めました。

何度か読み返すたびに読後感も変化したり味わいのある短編ばかりです。

角田さんの著書は長編も好きですが短編も又読んでみたくなりました。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)