わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

ツナグ/辻村 深月【レビュー】

★★★★★

「アイドルの心得」「長男の心得」「親友の心得 」「待ち人の心得」「使者の心得」
5話収録の連作短編集。

生者と死者、互いが逢いたいと願えば使者(ツナグ)の仲介のもと叶えられる一夜限りの邂逅。

有りえないファンタジー要素を絡める事でよりリアルが強調され、生きる事、死ぬ事の意味を考えさせられる。

再会出来た事で光が見えた者、会ったが故にその後の人生に影を落とした者、人生はそう上手くは行かない。

1つ1つのエピソードから悔いなく生きろのメッセージがひしひしと伝わって来た。

最終章で歩美が導き出した真実に胸が熱くなる。

名作。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)