わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

人さらい/翔田 寛【レビュー】

★★★

翔田 寛さん、初読みです。

2015年に発売された『真犯人』の続編ですが
そちらを読んでいなくても問題ありませんでした。

タイトルで一目瞭然ですが誘拐物です。
静岡県浜松中央署管内で、小学4年生の村木千夏ちゃんが誘拐され
犯人は千夏の母、清美に身代金1億円を持って、浜松駅からタクシーに乗車するよう命じます。

プロローグが鍵である事を想像して読み進めて行くと
途中から幾重にも絡み合った人物相関図が明らかになって来る。

復讐の為だけに利用される子供が可哀想で堪らない。

因果応報で片づけるにはあまりにも辛くやりきれない物語。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)