わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

意地悪な食卓/新津 きよみ【レビュー】

★★★★

「食」と「女」がテーマの傑作ホラー短編集です。

女性心理の描写には定評のある新津さんだけあって今回の短編集も読み応えのある作品になっていました。

何篇か、物足りなさが残る短編もありましたが「珍味」と「給食」は面白かったです。

ホラーと言っても、それ程怖い作品ではないので、ホラー嫌いな方も読めると思います。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)