わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

産む、産まない、産めない/甘糟 りり子【レビュー】

★★★★

妊娠と出産に纏わる短編集

「最後の選択」「ポトフと焼きそば」「次男坊の育児日記」「コイントス」

「温かい水」「花束の妊娠」「レット・イット・ビー」「昨日の運命」

の8話が収録されています。

数話リンクしているストーリーもあり各主人公の互いに抱く感情なども見えたりします。

甘糟 りり子さんの著書は今までに何冊か読み、どちらかと言えば激しいイメージだったのですがこの作品は女性心理の繊細さ、細やかさ、相手を想うが故の葛藤など丁寧に描かれていてそれぞれの登場人物に共感しながら読み進める事が出来ました。

女性ならば誰しもが選択する時が来る「産む、産まない、産めない」身近なテーマであり色々と考えさせられる一冊です。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)