わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

光媒の花/道尾 秀介【レビュー】

★★★★

「球体の蛇」がとても良かったので今回も手に取りました。

まず装丁の美しさに目を惹かれ、それだけで読む意欲・期待感が増しました。
文章のバランス、フォントも丁度良く、美しさが際立ちます。

今回の作品は「隠れ鬼」「虫送り」「冬の蝶」「春の蝶」「風媒花」「遠い光」の6篇が収録された連作集です。

それぞれの章が丁寧に、かつ人物描写も巧みに描かれていて、各章の登場人物がリンクし合い一つの作品となっています。

大切な何かを必死に守るためにつく悲しい嘘

誰しも持ち合わせているであろう善と悪、光と影の部分が随所に散りばめられていて、作者のメッセージの様な物もそこかしこに感じられました。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)