わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

春の小夜/ 松本 侑子【レビュー】

★★★

松本侑子さんの短編集です。

「夜間飛行」「風変わりな女の子」「人なつこい」「夜ごとの美女」「春の小夜」の5篇が収録されています。

商店街で小さな本屋を営む鍵田は、万引きしようとした高校生の少女さよの境遇を知り、複雑な思いに駆られます。

40歳の鍵田と17歳のさよ、親子ほどに年が違う2人の愛の形を描いた表題作を含め、愛しい切ない愛のお話が繊細な文章で綴られています。

いつまでも余韻が残る「夜間飛行」が個人的に良かったです。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)