わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

奴隷小説/桐野 夏生【レビュー】

★★★★

タイトル「奴隷」が題材になった短編集です。

「雀」「泥」「神様男」「REAL」「ただセックスがしたいだけ」

「告白」「山羊の目は空を青く映すか」

の7編が収録されています。

どの短編も日常と掛け離れた一種独特の世界が描かれていて桐野さんらしい「毒」が溢れた作品でした。

現代を描いた「神様男」その他、場所や時代背景は異なるけれど皆、何かに囚われている奴隷状態と言えます。

読後感は決して良くはないけれど、読んでいる間どこか別世界に入り込んだ様な錯覚に陥ります。

不気味で暗鬱な作品だけれど桐野さんの「毒」は癖になります。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)