わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

罪人が祈るとき/小林 由香【レビュー】

★★★★

『ジャッジメント』に続く第2作目
本作も根底にあるテーマは復讐です。

息子と妻を自殺で亡くした父親、風見啓介が出逢ったのは自殺を決意した少年
徐々に明らかになる自殺の真相 そして容赦ないいじめの実態

前作の復讐法を思い起こしながら読み進めて行きました。

いくら復讐の為だとは言え殺人はいけない、それは正論かも知れない。
けれど正論では納得出来ない程のやりきれなさ、どこにも持って行き場のない残された遺族の深い悲しみ、いじめの加害者への怒りを感じ、辛い読書時間でした。

加害者の環境にも確かに問題はあった。
けれど、そのはけ口を残虐極まりないいじめで発散するのは筋違いと言うもの。
加害者、加害者の両親、頼りにならない警察、もしも自分が風見啓介の立場になったら、同じ事をしないと言う保証はない。

読み終えて表紙のピエロを見、タイトルの意味を考えた時切なさが募る。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)