わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

嘆きの美女/柚木 麻子【レビュー】

★★★★

「ナイルパーチの女子会」が面白かったので、それ以前の作品ですが手に取りました。

主人公は池田耶居子(いけだ やいこ) 20代 女子

生まれつき顔も性格もブス、会社を辞めてほぼ引きこもり状態と言う中々強烈なキャラです。

ある日、耶居子は自分が荒らしていたサイト「嘆きの美女」の管理人のいるお屋敷で生活する事になります。

耶居子が美女たちに囲まれてどんどん成長して変化して行く様は、現実にはあり得ない設定ではありましたがフィクションならではのユーモアと楽しさがありました。

有名メーカーの食べ物や実在するお菓子がたくさん登場したり、そのお菓子を作るレシピまがいも面白かったです。

「ナイルパーチ」程にはインパクトはありませんでしたが、こちらは読後感も良く気軽に楽しめるエンタメ小説となっています。

ドラマ化の際に耶居子を演じられた黒沢かずこさんのあとがきも記載されていてそれがお喋り口調の素直な文章で面白く読めました。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)