わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

カーテンコール!/加納 朋子【レビュー】

★★★

全6話収録の連作短編集です。

1話の「砂糖壺は空っぽ」は『惑 ーまどうー』(アミの会)に収録されていた短編です。
とても印象に残っていたので、その続きが読めるのは嬉しかったです。

全体的に軽快なタッチで描かれているけれど、登場する女子大生は皆それぞれ問題を抱えています。
それも生優しいものではなくかなりヘビーな問題です。

閉校が決まった萌木女学園を舞台に、理事長と学生たちが触れあい、少しづつ前を向いて行く物語になっています。

リアリティーには欠けるけれど、こんな理事長は教育者としての理想です。

タイトルと装丁の意味が解らないまま読み続けていましたがラストではその答えが得られしっくりと来ました。

ひまわりの花言葉『あなたは素晴らしい』
生きて行く上で勇気を貰える素敵なメッセージ
落ち込んだ時に思い出したい魔法の呪文ですね。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)