わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

動物警察24時/新堂 冬樹【レビュー】

★★★★

「目黒公園愛犬連続ペンキ弾事件」「ミニチュアシュナウザーの虐待疑惑!?」「マルプー誘拐事件の謎」
「可愛がってくれる飼い主を待つ犬達」「TAP存続の危機」
5話収録の連作短編集。

動物保護を目的とする“東京アニマルポリス”通称TAPに所属する北川璃々が、後輩の中島涼太、警察官の天野広大と共に事件を解決していく物語。

読み進める内に正義感が強く信念を持った璃々の事が大好きになり、その言動に感激し何度も涙腺が緩んだ。

相棒の涼太と天野のキャラも最高で3人にナイス100連打したくなる。

大好物の勧善懲悪物!読後は晴れやか。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)