わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

すみなれたからだで/窪 美澄【レビュー】

★★★★

窪美澄さんの短編集

「父を山に棄てにいく」「インフルエンザの左岸から」「猫降る曇天」

「すみなれたからだで」「バイタルサイン」「銀紙色のアンタレス」

「朧月夜のスーヴェニア」「猫と春 」の8編が収録されています。

毛色が異なる8編の構成ですが、全編に共通して流れる気怠い雰囲気が妙に心地よく堪能しました。

16歳の男女のすれ違う繊細な恋心にドキドキし
おばあちゃんの家や海、龍宮窟の風景が絶えず脳内映像で浮かんでいた「銀紙色のアンタレス」

16歳の少女と46歳の義父とのインモラルな関係をハードに描いた「バイタルサイン」

同居する彼女と猫の様子が思わず目に浮かんで来る読後感の良い「「猫と春 」

家族に認知症と思われている老婆の戦時中の恋愛を描いた「「朧月夜のスーヴェニア」は人間の生と性が味わい深く心に残ります。

バラエティーに富んだ作品集で短編ながらも読みごたえのある1冊でした。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)