わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

春、死なん/紗倉 まな【レビュー】

★★★★

「春、死なん」「ははばなれ」老人の性と母の性を描いた2篇収録。
雰囲気的には、女による女のためのR-18文学賞を思わせる様な作品。

著者は1993年生まれの若い作家さんだが、老人の性を扱った濃密なテーマを瑞々しいタッチで描いていて惹きつけられる。

表題作の主人公は、妻に先立たれ、息子夫婦と二世帯住宅で暮らしている70歳の富雄。

コンビニでDVD付きのアダルト雑誌を購入する富雄には、夫だとか父親だとか言う前に、一人の男としての存在感を感じる。

老いが纏わりつき、死へ近づいているからこそ性に執着する人間の本能を感じた。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)