わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

東京ヴィレッジ/明野 照葉【レビュー】

★★

欠かさず読んでいる明野照葉さんの長編小説です。

明野さんの著書と言えば、恐ろしくて終始ドキドキする物語をイメージするのですがこの物語は現実の日常世界に密着していて、言うなれば家族のストーリー

嫌悪感すら持っている自分の故郷だが、実家に入り込んだ不審な夫婦の存在を知り離れて暮らす主人公(明里)とその恋人が、家族の為に動きだす。

期待していたサスペンスとはかけ離れていて、地味な印象で話が進みます。

最終的に不審な深堀夫婦の謎も解けないままで、恋人と同僚・明里の方向性もはっきり見えずスッキリしない終わり方です。

読後感は物足りなさを感じてしまいました。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)