わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

母性/湊 かなえ【レビュー】

★★★★

「これが書けたら、作家を辞めてもいい。そう思いながら書いた小説です」

と本の帯にあったので、かなり期待して手に取りました。
冒頭から面白く、ぐいぐいと物語に引き込まれて行きました。

母親側の手記、娘の手記

それぞれに共感したり首を捻ったり色々と考えさせられながら読み終えました。

今までの作品とは全く異なる感触で、湊さんの新しい引き出しを感じました。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)