わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

となりのセレブたち/篠田 節子【レビュー】

★★★★

篠田 節子さんの短編集

「トマトマジック」
「蒼猫のいる家」
「ヒーラー」
「人格再編」
「クラウディア」
これら5編が収録されています。

タイトル「となりのセレブたち」から想像していた内容とは異なり、一風変わった趣のブラックな短編集になっています。

不穏な空気感の中で描かれる「トマトマジック」では最後の意外なオチに驚かされ、リアリティー溢れる生活感を描いた「蒼猫のいる家」では主人公エ リカと敵対していたはずの蒼猫との関係性に惹かれいつまでも余韻が残り、又「ヒーラー」では架空の生き物の官能とその不気味さに引き込まれ、各短編それぞ れに強烈なインパクトがありました。

タイトルや装丁のイメージとは異なりましたが、今まで読んだ著者の作品とは違う面白さがあり楽しめました。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)