わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

闘う君の唄を/中山 七里【レビュー】

★★★

タイトルは中島みゆきさんの「ファイト!」からの一節です。
この楽曲から作品の構想を得られたそうです。

何の予備知識も持たず読み始め、新米幼稚園教諭VSモンスターペアレンツの物語だと思いながら読み進めて行きました。

主人公である喜多嶋凜(きたじま りん)が幼稚園年少の担任と言う設定で、私自身も同じく幼稚園教諭で年少を担任していた事もあり非常に親近感を持ちながら読んでいましたが、突然、ミステリーに切り替わり違和感ある展開になって行きました。

登場人物が少ない事と明らかに犯人が想像付くストーリーで全体的に中途半端な印象を受けました。

以前読んだ「嗤う淑女」が結構良かっただけに少し残念な読後感でした。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)