わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

家族連写/森 浩美【レビュー】

★★★★★

心に染みる優しい短編集です。

欠かさず読んでいる森 浩美さんの家族短編集
「しあわせやあ」「ピンボケ」「温かいお札」「妻の逆あがり」
「紙ヒコーキ飛んだ」「ほら撮るよ」「お駄賃の味」「ここにおいで」
これら8編が収録されています。

いつもの家族短編集と変わらず、事件や事故が起きるわけでもなく
誰しもが送る日常生活でのひとこまを切り取った物語ですが、人の優しさが随所に散りばめられていて心が温かくなります。

色々あって時にわずらわしさを感じる事も事実だけれど、やっぱり家族って良いなと最後には感じる、そんな作品ばかりです。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)