わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

あひる /今村 夏子【レビュー】

★★★

就寝前に本著を読んだら夢の中でずっとあひるが動いていた。

今村さんの作品は不思議だ。

大事件や事故が起きるわけでもなく、強烈な人物が登場するわけでもない。

動物病院から戻って来たあひるが小さくなっていたり、太っていたりする。

特徴も明らかに以前飼っていたあひるとは違う。

違和感を感じても家族はなんら行動を起こす事もなく受け入れ、日々を淡々と過ごして行く。

同時収録の「おばあちゃんの家」「森の兄妹」にしても何かヘン、モヤッとする。

そしてラストでスカッとする事もないまま、読後もモヤッと感が続く。

独特な世界観だが癖になる。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)