わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

MM/市川 拓司【レビュー】

★★

市川 拓司さんの長編小説です。

主人公はタイトルにもなっている南川 桃(みなみかわもも)と佐々時朗(ささときお)
15歳の二人の純愛小説です。

二人が抱える家族の問題だったり、今時のクラス内でのカースト制度、いじめなども出て来ますが、全体的に優しい雰囲気でストーリーが展開して行きます。

説明的な文章が丁寧でもある反面、若干のよみづらさもありましたが、昭和を想い起こさせる様なノスタルジックな印象の作品でした。

いつの日かきっと二人が再会しますように。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)