わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

鳥籠の小娘/千早 茜【レビュー】

★★★

43ページの短い作品です。

宇野亞喜良さんの描き下ろし15点に千早茜さんの幻想的な文章がミックスされた大人の為の絵本。

籠と言う媒体で束縛や自由、人間の底知れぬ欲が表現されていた様に感じた。

ある日、目の見えない老婆が連れて来た裸足の娘。
老婆に籠の編み方を教わり少女は毎日、籠を編み続けます。

そしてある嵐の晩、彼女のもとへやってきた魔物との出逢い。

「売ってはいけない」と言われていた籠を売る様になってしまう村人達。

絵本でありながら、「幸福が宿る鳥籠」の結末が気になる読書タイムでした。

そして本当にさびしかったのは…。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)