わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

真綿荘の住人たち/島本 理生【レビュー】

★★★

レトロな下宿「真綿荘」を舞台に繰り広げられるドラマを、時に楽しく時に切なく描いた連作小説集

「青少年のための手引き」「清潔な視線」「シスター」「海へむかう魚たち」「押入れの傍観者」「真綿荘の恋人」の全6篇で構成されています。

超絶に性格の悪い美女に駆け落ちを迫られる大和君、彼に片想い中だが先輩に告白されて揺れる鯨ちゃん、女子高生の恋人の一途な愛情表現に戸惑う男嫌いでクールな椿。

そして17年前ただ一度自分を抱いた男・晴雨(せう)を内縁の夫と呼ぶ大家小説家の綿貫さん。

一見どこにでもいそうな人々だが、1人1人の人物描写が巧みで「真綿荘」や彼らの生活を覗いている様な錯覚に陥ります。

脳内映像と共に最後まで楽しく読めました。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)