わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

フェイク/明野 照葉【レビュー】

★★★★★

欠かさず読んでいる明野照葉さんの文庫オリジナルミステリー短編集

「タミちゃん」「ドリーマ」「化粧」「同級生」「増殖」「えんがちょ」「ひっつきむし」「辻灯籠(つじどうろう)」の8つの短篇が収録されています。

今回も期待を裏切られる事なく、どの作品も短篇ならではのキレの良さに加え、いつものゾワゾワとするけれど先が気になり止められない、そんな面白い作品集に仕上がっています。

女性心理描写の巧みさ、文章の読みやすさ、途中で飽きさせない内容、どれをとっても明野照葉さんの作品は面白いです。

次の作品も待ち遠しいです。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)