わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

KUHANA! JAZZ×Kids/秦 建日子【レビュー】

★★

この物語の中心は「KUHANA」のはずなんですが、そのジャズ部の奮闘ぶりと言うより、そこを取り巻く人々が中心になって描かれた面白い作品です。

本作を原作とする「KUHANA!」が映画化と言う事なので小説と言うより脚本的な印象を受けました。

テンポ良く、時には思わず笑ってしまう場面もありましたが、小説として読むと軽すぎる感が残り少し残念

映像化では小学生ジャズ部の場面が盛り上がると更に楽しめそうです。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)