わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

さよならが言えるその日まで/高木 敦史【レビュー】

★★★

テレビ画面から流れた交通事故の映像、映し出された車は見覚えのある父の物だった。
プロローグから惹きつけられて一気読み。

主人公は、事故で死亡した小学校教諭の謙介を父に持つ森遠伊緒。

教え子の六助の行方不明と重なった事で父には誘拐犯の汚名が着せられる。
父の無実を信じ、真実を求め少年の行方を追う伊緒。

本作でもマスコミやネット民の根拠のない非難に怒りが募った。

平気で嘘を付く者、重大な秘密をいともたやすく口にする者達にもうんざりする。

人間の残酷な側面に嫌気がさすが、人と人との絆を感じ光が見えるラストに胸を撫で下ろした。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)