わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

オレオレの巣窟/志駕 晃【レビュー】

★★★

志駕晃さんの最新刊は詐欺をテーマにしたエンタメ長編。

前半はかなりリアリティがあり、進化した詐欺の手口に驚きつつも勉強になる。

『オレオレ詐欺に騙されたふり作戦に騙された作戦』って…。
そんな事に頭を使うのなら、もっと別の所、人の役に立つ、遣り甲斐のある事に頭を使えば良いのにとしみじみ思う。

本作ではオレオレ詐欺だけでなく結婚詐欺、出会い系詐欺など、色々な詐欺師達が共演し騙し騙されの展開で、途中からはフィクション感強めに変化して行く。

前半のリアリティが薄くなって行ったのは私的には物足りないが一気に読めるエンタメ小説。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)