わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

最後のページをめくるまで/水生 大海【レビュー】

★★★

「使い勝手のいい女」「骨になったら」「わずかばかりの犠牲」「監督不行き届き」「復讐は神に任せよ」
5話収録のミステリー短編集。

本のタイトル通り、ラストにはどんでん返しや意外な事実、仕掛けが待っていて楽しめた。

短編で登場人物が少ない事もあり、ある程度の予想は出来たが、3話目の「わずかばかりの犠牲」の結末は全く予期していなかったもので驚きがあった。

5話全てに、不穏でダークな空気が纏わりついているが、リーダビリティが高く一気に読める。

それぞれに付けられているタイトルが絶妙。

軽くミステリーを楽しみたい方にオススメ。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)