わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

こぼれ落ちて季節は/加藤 千恵【レビュー】

★★★★

加藤 千恵さんの短編集です。

「友だちのふり」「たぶん初恋」「逆さのハーミット」

「向こう側で彼女は笑う」「この人かもしれない」「波の中で」

の6つの短編が収録されています。

この著者の本は初めて手に取りましたが冒頭から惹きつけられて6編をあっと言う間に読み終わりました。

各短編は二人の主人公をそれぞれの立場から描く構成になっておりとても新鮮で各主人公の気持ちに感情移入しやすかったです。

そしてその短編が他の短編ともシンクロされていて凝った構成になっています。

何より登場する女性たちの繊細な心理描写が丁寧で女性ならば一度は感じた事があるであろう気持ちが随所に散りばめられていて共感出来ます。

読後感も爽やかで他の作品も読んでみたくなりました。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)