わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

今日も町の隅で/小野寺 史宜【レビュー】

★★★

「梅雨明けヤジオ」「逆にタワー」「冬の女子部長」「チャリクラッシュ・アフタヌーン」「君を待つ」

「リトル・トリマー・ガール」「ハグは十五秒」「ハナダソフ」「カートおじさん」「十キロ空走る」

独立した10話が収録された著者初の短編集。

全篇に共通しているテーマは出会いと別れ。

暗くなりがちなテーマに関わらず、小野寺目線の優しさと温かさでどの作品もハートフルな物語になっている。

特別ぶっとんだ人は登場せず、自分の身近にいそうな人達ばかりで、みんな同じ様な事で悩みながら生活しているんだなと安心させられる。

心安らぐ読後感。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)