わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

Aではない君と/薬丸 岳【レビュー】

★★★★★

一言で言えば大変重い作品でした。

離婚した妻との子、14歳の息子・翼が同級生の優斗を殺害
罪を認めるものの一向に動機を語らないままストーリーが進行します。

翼、翼の母(純子)父親(吉永)優斗の父(藤井)弁護士(神崎)が軸となり物語が展開して行きますが登場人物がさほど多くない分、1人1人の人物描写が秀悦で終始脳内映像で動いていました。

人を殺める事は当然悪い事だと頭では分かっていても後半で真相が明らかになって来ると翼の気持ちに共感してしまう自分もいました。

同じ息子を持つ母として、被害者側・加害者側の立場に身を置き、自分だったらどう行動するかを考えましたが辛すぎてページを捲る手も重くなりました。

翼の問い「体を殺すのと心を殺すのはどちらが悪いの?」についても深く考えさせられましたがエンディングでの翼の父の言葉に納得出来ました。

吉永の父のセリフ
>物事のよし悪しとは別に、子供がどうしてそんなことをしたのかを考えるのが親だ
この言葉には胸に迫るものがあり、まだまだ自分は親として未熟だと痛感しました。

魔の14歳と言われる翼と優斗の思春期ならではの行動や気持ちも丁寧に描かれ、そうさせたのはやはり親の責任や環境なのか?
もしあの時、別の行動を取っていたら事件は防げたのか?など色々考えました。

子供も不完全ですが親も不完全な人間です。
ただ読み終えて自分も最後命が尽きるまでは子供の事を見守って行きたいと感じました。
丁寧に描かれた読み応え十分の作品です。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)