わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

犬のかたちをしているもの/高瀬 隼子【レビュー】

★★★

第43回すばる文学賞受賞作品。

主人公は間橋薫・30歳。
恋人の田中郁也と半同棲のような生活を送っているが21歳で卵巣の病気を患ってから性交渉に抵抗を持っている。

そんな薫の前に現れたミナシロユキ。

「お金を貰いSEXしていた郁也に愛情はないがミスで妊娠したので子供を貰って欲しい」
ミナシロの無機質で感情を伴わない発言に機械的な物を感じ恐ろしくなる。

「子供を1度でも産めばクリア」の言葉にも人としての感情の欠落を感じる。

この出来事を通し主人公・薫の心の揺れと逡巡が繊細に描かれている。

読後は人間の不完全さを痛感する。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)