わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

私はスカーレット (2)/林 真理子【レビュー】

★★★★

2巻でもスカーレットの自己チューぶりと自惚れの強さは健在。

前作で愛するアシュレから振られやけくそで結婚したものの、夫・チャールズ・ハミルトンは挙式から二ヶ月後に病死。
17歳で未亡人となったスカーレットのお腹にはチャールズの子が。

1巻から波乱万丈だったが、本作では超強力キャラ、レット・バトラーの存在が際立ち目が離せない展開に。

南北戦争のさなかでも戦争を楽しいと言ってのけ頭の中は男にモテる事で一杯。

レットなんか大嫌いと言いながら自意識過剰に振る舞うスカーレット。

17歳と33歳、二人の今後の恋の行方が気になる。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)