わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

妻の終活/坂井 希久子【レビュー】

★★★★

リアルな終活小説。

主人公は間もなく70歳を迎える一之瀬廉太郎。

二歳下の妻、杏子が末期癌で余命一年と宣告される所から物語が展開する。

時代が平成から令和になっても、廉太郎の様な男性はまだそこら中に存在する。
「仕事」を全て言い訳に、家事に育児に近所付き合い、その他数え上げればきりがない日常の諸々を妻1人に任せ、踏ん反り返っている。

そして口を開けばパワハラ発言。

我が家も御多分に洩れず。

杏子の人生を想うと泣けて来る。

救いは二人の娘達、美智子と恵子。
杏子の事を理解し廉太郎に刃向う姿は痛快ですらある。

後悔先に立たず。

世の男性にぜひ手に取って欲しい。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)