わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

縁/小野寺 史宜【レビュー】

★★★

「霧」「塵」「針」「縁」「終」
5話収録の連作短編集。

それぞれの短編が『縁』という名の元にリンクし合っている。

人が普段、心の中に隠していて、表には出し辛い負の感情が本作でも丁寧に救い上げられていた。

『袖振り合うも多生の縁』

生活していれば人は人と嫌でも繋がりを持つ。
その事で生まれる感情には、良い事もあれば、ちょっとした誤解や、価値観の相違で軋轢が生まれ、人間関係にヒビが入る事もある。

人を攻撃したり傷付けたり、縁によって道を誤る事もあるけれど縁によって救われる事も。

改めて人との繋がりを大切にしたいと思える1冊。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)