わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

それ自体が奇跡/小野寺 史宜【レビュー】

★★★

初読みの作家さん
タイトルに惹かれて手に取りました。

同じ百貨店に勤める結婚3年目、30歳の田口夫婦、貢と綾が主人公です。
貢がサッカーへの夢を追い始め、相談もなく事後報告を受けた綾は不満を持ちつつ別の男に惹かれ始めます。

各章ごとに夫からの目線、妻からの目線で交互に物語は展開して行きます。

貢にはあまり共感出来ませんでしたが綾の気持ちの揺れやとまどいは丁寧に描かれていて、共感出来る部分がありました。

大きな盛り上がりがないので強烈なインパクトは残りませんが
こんな感じの夫婦関係は(サッカーではないとしても)そここにありそうでリアリティーはありました。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)