わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

ご用命とあらば、ゆりかごからお墓まで/真梨 幸子【レビュー】

★★

真梨 幸子さんの作品は「孤虫症」の頃から欠かさず読んでいます。

本作はデパートの外商を舞台にした連作短編集ですが
何と言うかはっちゃけた印象で登場人物も多く
頭の中が混乱し読みづらさがありました。

「孤虫症」や「お引越し」などの作品は好きだったんですけど
ここ最近の真梨作品は私には向いていない様で
本作も途中から読むペースも遅れがちになりました。

再び真梨さん独特のしっとりとしたイヤミスが読みたいです。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)